2.1.ⅲ.OECDプロジェクトDeSeCo

PISA調査の実施機関であるOECDは、自身のミッションを「世界中の人々の経済的なそして社会的な幸福を増進するための政策を促進する」(http://www.oecd.org/about/)と定義しており、1997年から、PISA調査と同時に「どのようなコンピテンシーが人生の成功とよりよく機能する社会の形成に必要とされるのか?」をテーマとしてDeSeCo(Definition and Selection of Competencies:コンピテンシーの定義と選択)プロジェクトを開始した。その際に、特に重要なコンピテンシーをキーコンピテンシーと呼び、それを明らかにすることを目指した。DeSeCoのキーコンピテンシー選定までの道のりは図2-1-2にまとめられている。

図2-1-2 Sequence of the DeSeCo Project’s activities 
出典:THE DEFINITION AND SELECTIONOF KEY COMPETENCIES, Executive Summary (2005)

1997年から開始されたこのプロジェクトでは、まず1990年代からのOECD加盟国におけるコンピテンシー議論を、理論的に、そして概念的に再考した。初期の重要な報告書(Definition and Selection of Competencies, Projects on Competencies in the OECD Context, 1999)には、DeSeCo以前にOECD等で実施されていた教育プロジェクトにおけるコンピテンシーに関わる議論を以下のように(1)~(3)にまとめている。これらを基盤として、キーコンピテンシーの選択と定義が開始された。

(1)Cross-Curricular Competencies (CCC) project

1987年からのINES project (Indicators of National Education Systems)(supported by Australia, Austria, France, Netherlands, Scotland, Sweden, and the United States)における一部会であるstudent achievement outcomes (Network A)、は、1990年代から“what do young adults who completed their formal education need in terms of skills so as to be able to play a constructive role as a citizen in society?” に答えることをミッションとし、Cross-Curricular Competencies (CCC)を明らかにすることを目指した。CCCとは広い意味での教育の成果として獲得される知識とスキルを含むコンピテンシー(a domain of competencies that includes knowledge and skills related to outcomes of education in a broad sense)であった。

CCC プロジェクトの仮説は、「全ての教育システムにおいて共通なコンピテンシーを抽出できる」というものであり、人生を生き抜く(survive)ために必要と考えられる義務教育の共通目標である。個人的にそして社会的に有意義に生きていくために必要最小限のコンピテンスであり、人生のスキル(life skills)として基本的なスキルと知識を含むものであり、「survival kit」と呼ばれた。しかし「survival kit」をどのように定義するかついては、CCCプロジェクトの参加メンバーによって様々に捉えられてしまい(例えば個人のためのものか、民主的な社会を作るためのものか、formal education かinformal educationか、など)、このような混乱状態は、結局解決できなかった。さらに、このプロジェクトでは帰納的な研究手法を用いて、若者が今後の人生を生きていくために必要なスキルを抽出しようとしたが、概念的枠組みを構築することには失敗した。しかしのちに、この手法自体は非常に興味深いものであるとして評価された。

 CCCプロジェクトの成果としては、若者にとって必要な能力は、学校を出てから学び続けること(high quality learningと命名)であると結論付けたことであり、そのためには、知識・技能のコンピテンシーとモチベーションが必要であるとした(The concept of high quality learning comprises competencies (knowledge and skills) and motivation (beliefs, attitudes, values, habits, emotions, and all those psychological constructs which regulate learning)。この結論はCCC活動において重要な到達点だ。しかし先にも述べたようにCCCプロジェクトの活動方針は、主に体験的・帰納的であったため一般的・理論的な概念定義に到達できなかったが、その「self-concept scale」はPISA調査に生かされ、「civics scale」はIEA Civic Education Studyに受け継がれた。

(2)International Adult Literacy Survey (IALS)

IALSは、1994年から16歳から65歳のリテラシー測定調査を開始した。1994年に8か国の、そして1997年に12か国の、それぞれのリテラシーレベルの分布(年齢、性別、教育などとの関連)の報告書が出されている。CCCと異なり、探査的な研究(exploratory study)によって実施されたことに特色がある。

IALSのリテラシーは以下に示すように、文章や書類の読み書きや算数に関するものである。

Prose literacy – the knowledge and skills needed to understand and use information from texts including editorials, news stories, poems, and fiction;

Document literacy – the knowledge and skills required to locate and use information contained in various formats, including job applications, payroll forms, transportation schedules, maps, tables, and graphics; 

Quantitative literacy – the knowledge and skills required to apply arithmetic operations, either alone or sequentially, to numbers embedded in printed materials, such as balancing a checkbook, figuring out a tip, completing an order form, or determining the amount of interest on a loan from an advertisement.

(3)Human Capital Investment: An International Comparison

1996年にhuman capitalとは何なのかを明らかにするための報告書の作成が開始され、1998年にHuman Capital Investment: An International Comparison報告書が出版された。この報告書は、INES projectにおける一部会であるmeasures of education and labor market destinations (Network B)におけるOECDのスタッフによって作成され、human capital を“the knowledge, skills, competences, and other attributes embodied in individuals that are relevant to economic activity”と定義した。

上記の報告書に引き続き、Franz E. Weinert, Monique Canto-Sperber, Jack Goody, Helen Haste, Frank Levy のコンピテンシーに関わる論文を解析したDeSeCo Expert Report (1999年)、そして、それらに対するコメントがCarlo Callieri, Jacques Delors, Alexandra Draxler, Jean-Patrick Farrugia, Bob Harris, George Psacharopoulos, Cecilia Ridgeway, Laurell Ritchie, M. Boediono, (cf. Comments on the DeSeCo Expert Opinions downloadable at www. deseco.admin.ch)によってなされた(ここまでが図2-1-2のOpinions of experts and stakeholders)。それらを踏まえ、第1回の国際シンポジウム開かれた。それらの結果をまとめた報告書(2000年)では、著者であるDeSeCo SecretariatのDominique Simone Rychenが図2-1-3に示すように多くの要素がキーコンピテンシー策定に関わることを示しており、科学的な分析だけでなく政策的な協議や合意も重要であると記載されている。

図2-1-3 キーコンピテンシー策定に関わる多くのファクター
出典:A Contribution of the OECD Program Definition and Selection of Competencies: Theoretical and Conceptual Foundations, Definition and Selection of Key Competencies (2000年)

この報告書には、知識・スキル・コンピテンシーの範囲を、以下のように定義づけている。

While the concept of competence refers to the ability to meet demands of a high degree of complexity, and implies complex action systems, the term knowledge applies to facts or ideas acquired by study, investigation, observation, or experience and refers to a body of information that is understood. The term skill is used to designate the ability to use one’s knowledge with relative ease to perform relatively simple tasks. We recognize that the line between competence and skill is somewhat blurry, but the conceptual difference between these terms is real.

また、コンピテンシーは学習できるものであり

It(the development of competencies)is also dependent on the quantity and quality of learning opportunities. Therefore, the structure of the economy and social institutions plays an important role in the development of competencies.

とも記載されている。

そしてこの報告書では、

it is important to ask: to what kind of world do we aspire? 

と大きな疑問を投げかけたうえで、「キーコンピテンシーとは、基本的人権の原則と民主主義の真価(すなわち法と他人への敬意)に沿うものである:Key competencies are consistent with the principles of human rights and democratic values」と述べている。さらに「キーコンピテンシーとは、個々人に、良い、成功した人生を送るための能力を与えるものである:Key competencies give individuals the capacity for a good, successful life」と定義づけている。

 この報告書でRychenはDeSeCoとしてのキーコンピテンシーを決定するために、前述のDeSeCo Expert Report (1999)に収録されている以下の著者の論文を参考にしている。

A)哲学者であるMonique Canto-Sperber and Jean-Pierre Dupuyの論文

Consistent with any major moral theory, a good and successful life includes close relationships with other people, an understanding of oneself and one’s world, autonomous interaction with one’s physical and social environment, and a sense of accomplishment and enjoyment.

B)心理学者Helen Hasteの論文

to adaptively assimilate changing technologies into social practice; to deal with ambiguity and diversity; to find and sustain community links; to manage motivation and emotion; and to focus on morality, responsibility, and citizenship.

C)経済学者Frank Levy and Richard Murnaneの論文

reading and mathematical skills (not only for their instrumental use but as the basis for lifelong learning); oral and written communication abilities; skills to work productively in different social groups; emotional intelligence and related abilities to co-operate well with other people; and familiarity with information technology.

D)社会学者Philippe Perrenoudの論文

to identify, evaluate, and defend one’s resources, rights and limits; to form and conduct projects and develop strategies, individually and collectively; to analyze situations and relationships; to co-operate, act in synergy and share leadership; to build and operate democratic organizations and systems of collective action; to manage and resolve conflicts; to understand, apply, and elaborate rules; and to construct negotiated orders beyond cultural differences.

Rychenはこれらをまとめて、この報告書では以下の3つをキーコンピテンシーとした。

· acting autonomously and reflectively;

· using tools interactively; 

· joining and functioning in socially heterogeneous groups.

そして、結局これらのコンセプトが最終的なDeSeCoのキーコンピテンシーの結論としてまとめられた(図2-1-4)。

図2-1-4 Key Competencies in Three Broad Categories
出典:THE DEFINITION AND SELECTION OF KEY COMPETENCIES Executive Summary, DeSeCo,2005.

3つのコンピテンシーとは、周りの環境にうまく対応するためにITや言語などの様々な道具を用いる(道具を相互作用的に用いる)、異質な人から構成される集団と関わり合う、自律的に行動する、である。

またそれぞれのコンピテンシーは独立に働くものではなく、図2-1-5に示すように、その時々によって、それぞれの重要性は異なり、かつ3要素が協働するものであるとした。

図2-1-5 3つのキーコンピテンシーの働き
出典:THE DEFINITION AND SELECTION OF KEY COMPETENCIES Executive Summary, DeSeCo, 2005.