3.1.ⅵ.おわりに

本章では、まず、「科学技術の智プロジェクト」の総合報告書を取り上げ、同プロジェクトの科学技術リテラシー涵養活動の理念的な土台となっている「社会の将来像」や「科学と社会の関係性」を明確化することを試みた。次に、それら理念に対する批判的な考察を行い、科学技術リテラシー涵養活動の対象となる「主体」についての理解・考察を深めることの必要性と、そうする際に重要となる論点の提示を行った。そして、不特定多数の「すべての人」を一様なものと捉えずにその多様性を踏まえた上で科学技術リテラシー涵養のための具体的な議論・取組みを進めることや、科学技術リテラシーを備えた「市民」となることの義務化は同時にそうした「市民」としての振る舞いを可能にするような制度の整備が無くては成り立たないこと、また、科学技術リテラシーは「個人」としてだけではなく「社会」全体として保持することも行われるべきこと、について述べた。本章で行ったこのような反省的な作業は、科学技術リテラシー涵養活動という「介入」を行う上では欠かすことのできないものである。ここで述べたことはそのような反省的な視点のごく一部に過ぎない。今後、科学技術リテラシー涵養活動に携わる人々が、それぞれの省察を言語化し、持ち寄り、共有することにより、科学技術リテラシー涵養活動をより注意深く進めてゆけるようになることが望まれる。

 


 

主な参考文献

Bauer, M. W., Allum, N., & Miller, S. (2007). What can we learn from 25 years of PUS survey research? Liberating and expanding the agenda. Public Understanding of Science, 16(1), 79–95.

Dawson, E. (2014). “Not designed for us”: how science museums and science centers socially exclude low-income, minority ethnic groups. Science Education, 98(6), 981-1008.

原田久(2011). 広範囲応答型の官僚制:パブリックコメント手続の研究. 東京: 信山社.

Irwin, A. (2001). Constructing the scientific citizen: science and democracy in the biosciences. Public Understanding of Science, 10(1), 1–18.

科学技術・学術審議会総合政策特別委員会(2014) 科学技術基本計画(第1期〜第4期)における関連施策の整理(重要課題、ICT、科学技術と社会). 科学技術・学術審議会総合政策特別委員会第5回配布資料2.

科学技術の智プロジェクト(2008). 総合報告書.

Michael, M. (1992). Lay discourses of science: science-in-general, science-in-particular, and Self.Science, Technology, & Human Values, 17(3), 313–333.

Mohr, A., Raman, S., & Gibbs, B. (2013) Which Publics? When? Exploring thePolicy Potential of Involving Different Publics in Dialogue around Science and Technology. Didcot: Scienceswise-ERC.

小川正賢(2007).これからの科学技術リテラシー.小林信一・小林傳司・藤垣裕子(編著)社会技術概論.東京: 放送大学教育振興会.

Ogawa, M. (2013). Towards a ‘design approach’ to science communication. Stocklmayer, Susan and Gilbert, John K. (eds.) Communication and Engagement with Science and Technology: Issues and Dilemmas. New York and London: Routledge.

Roth, W., & Lee, S. (2002) Scientific literacy as collective praxis. Public Understanding of Science, 11(1), 33-56.

Smith, G. (2009) Democratic Innovations: Designing Institutions for Citizen Participation. Cambridge: Cambridge University Press.

Stocklmayer, S. M., & Bryant, C. (2012). Science and the public—What should people know? International Journal of Science Education, Part B, 2(1), 81–101.

Tlili, A., & Dawson, E. (2010). Mediating science and society in the EU and UK: from information-transmission to deliberative democracy? Minerva, 48(4), 429-461.

Wynne, B. (1992). Misunderstood misunderstanding: social identities and public uptate of science.Public Understanding of Science, 1, 281–304.